スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会w

今日、偶然昔の親友に会った。

中学の同級生で、私が家を出る前までは毎日のように

遊んでいた友達だった。

どうして疎遠になったか。。私が避けているのだ。

その親友は、7年前に結婚。長男が6歳、次男が4歳。

養子をもらったので、近所のままだった。

長男が産まれた時から、その子が本当に可愛くて^^

母親が2人いるくらいの感じだった。

でも、次男が産まれた時、病院に駆けつけた私に親友は泣いた。

「どしたん??」と聞いたら

超未熟児だったので、心配はしていたのだけど。。。

親友は言った。

「この子、、ダウン症なんだって・・・・・」

えっ・・・・・・・・・・・

言葉が出なかった。

慰めたり同情したら、その子を否定する気がした。


私たちは中学の同級生で5人組の集団w

1人1人の誕生日には毎年誕生日会をしていたくらい仲良し。

その中の、違う友達の長男も、自閉症なのだ。

どうして私の周りの人間にこんな試練を与えるの?;;って

心が痛かった。

その時も、自閉症に関して本を読みまくった。

今回もすぐに本屋に行き、ダウン症に関して読みまくった。

私は無力だった。。。

せめて、今日会った親友の長男を次男が病院や施設に行ってる間

預かって遊んであげることくらいしか、出来なかった。


本に書いてあった。「ダウン症は天使の子」と。

親友は、産まれた日に泣いただけで、それ以来絶対に泣かなかった。

強い。本当に強い。

そんな状況の中なのに、私が家を出てからも私を気遣ってくれた。

私は私の我侭で家を出たのに、親友は宿命から逃げない。

それが痛かった。。 自己嫌悪になる。

今私は好きなことをして生きてる。

それが、親友たちに対して後ろめたいのだ。

「もうすぐ○○の誕生日だから顔だしな~^^」って言われた。

解かってる。。みんなの誕生日は、ちゃんと覚えてるよ。

でも、会わす顔が無いんだよ^^;

長男大きくなってたな。。思わず抱きしめちゃった。

今日は心が痛い。。

現実逃避をして生きてる所に、現実を突きつけられたようだ。

いつまで逃げ続けるんだろう・・・・・





コメントの投稿

非公開コメント

ちーーーーす!

この前は遅くまで(早くまで?)お疲れさん!
ナスがちと大変なっててね、結局あそこまで付き合っちまったよ。
なんだか日記が重いぞ^^;
普段そんな顔見せんから。
「自閉症に関して本を読みまくった。
今回もすぐに本屋に行き、ダウン症に関して読みまくった。
私は無力だった。。。 」
知らないことを知ろうとすることがまず大事だと思うよ。
俺も先日友達の彼女が「部落」ってこと知ったの。
「部落?って何?」だった。
結構根深い差別がそこにはあるんだと知ったのはつい先日のこと。
学校行っても社会に出ても知らないことがたくさん。
サッカーしたこともないやつが「よし明日からワールドカップ目指すぞ!」てな感じ。
前線で点を取るだけがサッカーじゃないの。
点を取る人、点を取る人にパスを出す人、ボールを奪う人、相手に点を取られないように守る人、監督、コーチ、それらの人たちをサポートする人。応援する人。
全部大事な人なの。
ただただその友達と話をすることだって「力」になると思う。
簡単ではないと思うけど難しくもないと思う。
ミウの背景になにがあるかは俺は知らない。
でもさ立ち止まって見えてくることもあるんじゃないかな?

ありりw

この前はお疲れさまんw マジ楽しかった♪
やっぱヴァナは自分の生活の1部?だから、その仲間と騒ぐのは楽しいわw
日記、ちと重かったね^^; あまりにも衝撃的な日だったのでww
んでも、別に私には裏も何もないしwフィガが見たまま話したままのんが私ww
しいて言えば、ちょっと親問題を抱えてるってとこかな;;
切りたくても切れない縁?血?に苦しんでるだけww
立ち止まりすぎて歳取り過ぎましたが何か?www
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

みう

  • Author:みう
  • みうのリアル日記ですw
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。